さくらんぼの魅力

楽しいさくらんぼ狩りのコツとは

小粒でプリッとした赤い実が可愛いさくらんぼ。 旬の時期は品種にもよりますが、5月下旬〜7月中旬が収穫時期になります。 さくらんぼの王様と呼ばれる佐藤錦だと、6月中旬〜6月下旬が収穫時期です。 さくらんぼ狩りを成功させるコツは、 お目当ての品種の収穫時期を知り、なるべく開園ギリギリの早目の時間に予約をすると良いです。 なぜならさくらんぼは気温の変化に弱く、気温が高くなる昼過ぎに収穫したものは、日持ちがしない場合がある為です。 収穫時期についても天候によって左右されるので、事前に目当ての品種の収穫時期の確認と予約をする事が大事になってきます。 予約なしでいくと他の団体さんと被って入園お断りされてしまうこともあるので、きちんと予約をして目いっぱいさくらんぼ狩りを楽しみましょう。

さくらんぼの保存方法

さくらんぼがおいしく食べられるのは収穫後2〜3日です。 お昼過ぎの気温が高い時間にさくらんぼ狩りで収穫したものはあまり日持ちしませんので、すぐに食べきる必要があります。 さくらんぼ狩りを楽しんだ後に、お土産に購入される方も多いかと思いますが、 さくらんぼを上手に食べきるには賞味期限を長くする為に生のままではなく調理しておいしく頂くのも良いですね。 比較的日持ちのするジャム作りとさくらんぼ酒がおすすめです。 2〜3日中に食べるならおやつ作りもいかがでしょうか。 赤くてキラキラとしたさくらんぼを使用したおやつは、見た目にも美しく楽しく料理する事が出来ますよ。 チェリーパイや、タルト、ケーキ、ムース、フルーツポンチなどがおすすめです。